車に乗ると興奮したり酔ったりする犬や、キャリーバッグの中に入るとストレスから吠えたり噛みついたりする犬用の、精神を落ち着かせるシロップです。自律神経に働きかけ、鎮静作用のあるヴァレリアンハーブ(西洋カノコソウ)を含んでいます。

原材料

毛細血管の強化作用のあるみかん抽出ヘスペリジン、精神鎮静作用のあるカノコソウエキス、消炎鎮痛保湿のあるクチナシエキス、カフェイン抽出物、ビタミンB群、パラベン、果糖ぶどう糖液糖、精製水などを含みます。

原産国

日本で生産されています。

ラインナップ

カーロップ一種類です。

値段と1日当たりの給与量

一般小売価格30ml入りで800円です。お出かけの20〜30分前に猫・幼・小型犬は8〜10滴、中・大型犬は15〜20滴を直接口に入れるか、手や小皿から舐めさせてください。

カーロップについてのまとめ

車で出かける時やキャリーバッグに入って移動しなければいけない時などに、著しく興奮したり吠え続けたり、また噛みついてきたり、さらに車酔いする犬のためのサプリメントです。配合されているハーブが自律神経などに働きかけ、鎮静作用をもたらし、犬を落ち着かせることができます。過度の興奮は犬にも負担になるため、このようなサプリメントを上手に使って、楽しいお出かけにしたいものです。

カーロップの評判・口コミ

飼い主口コミ

カーロップを使い始めてから車に乗せても大人しくなりました
私が子供の頃は飼っていた犬の散歩は私の担当でした。
ご飯をあげた後、近所の河川敷や公園まで連れて行って一緒に走り回っていました。
ですが、今住んでいる所は主要道路沿いで、車が多くなかなか散歩には連れていけないので、休みの日には車に乗せて大きな公園で散歩をさせています。

ところが、うちのワンちゃんは車があまり好きではないようで、乗せると落ち着きが無くなり、ずっと吠えています。
そこで、使い始めたのが、カーロップというシロップです。
車が苦手なワンちゃんや猫ちゃんにカーロップを与えると含まれているハーブ成分の効果でペットの気持ちをゆったりさせてくれます。
車に乗せる前にカーロップを使い始めてからは、大人しくなり、公園に着くと喜んで走り回ってくれるのでとても嬉しく思っています。


飼い主口コミ

車が嫌いなうちの犬がカーロップを使うと平気に
私は大手食品メーカーで営業マンとして働いています。仕事上、転勤が多く3年から4年の周期で各地へと異動しながら働いています。
妻は転勤が多くても、理解してくれているのですが、問題はうちで飼っている犬たちの事です。
現在住んでいる所は市街地であまり散歩をさせる場所がなく車に乗せて遠方へと散歩に連れて行っているのですが、車が嫌いなようで、なかなか乗ってくれません。

そこで最近使っているのが、カーロップというペット用のシロップです。
カーロップに配合されているハーブのおかげで、暴れていたペットたちも大人しく車に乗ってくれます。
これからも色んな場所へと転勤がありますが、カーロップを持っていれば安心して引越しをする事ができます。


飼い主口コミ

車で落ち着きのなかった我が家の猫がカーロップのおかげで
私は子供の時からなりたかった美容師に一生懸命努力して無事になることができました。
就職先は実家からは遠かったのでマンションで一人暮らしをはじめ、可愛い猫をペットとして飼っています。
ですが、困った事に実家に帰る時などで車に乗せた時に、急に落ち着きをなくし、最近は逃げ回ってなかなか車に乗ってくれなくなりました。

そこで試してみたのが、カーロップというペット用のシロップです。
カーロップの中に含まれたハーブの成分が落ち着きをなくしたペットに対して効果を発揮し、暴れずに車に乗ってくれるようになります。
我が家の猫もカーロップのおかげで安心して車に乗せる事ができます。
車嫌いのペットにカーロップをお試しになってください。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ