ウエスティの愛称で知られているのは、ウェストハイランドホワイトテリアという犬です。もともとは猟に使われていた経緯から、吠えたり庭に穴を掘ったりすることがあります。ウェスティについて解説します。

犬種の特徴

背の高さより横に少し長く、四角い体型です。頭は大きく、耳は立ち耳で尖っています。顎は短くて、被毛はダブルコートで、ほとんどは真っ白い毛並みで覆われています。昔は断尾をしていましたが、今は実猟に使わないため、禁止されています。

性格と飼いやすさ

テリア気質そのもので、陽気で遊び好きです。好奇心旺盛で活発ですが、他人に対する警戒心があり、またケンカも辞さない強い気質を持っています。小型犬で子犬はとても可愛らしいのですが、甘やかして育てると成犬になった時に手に負えなくなる可能せいがありますので、注意が必要です。頭がよく忠誠心もあるので、しっかりとしつけるととても楽しい相棒になります。

かかりやすい病気

遺伝的に皮膚疾患が起こりやすい個体が見られ、アトピー性やアレルギー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎などに注意が必要です。小型犬がなることが多い、膝蓋骨脱臼・先天性の心臓疾患にもかかりやすいといわれています。

まとめ

真っ白い体で一見ぬいぐるみのようですが、警戒心が強く、興奮しやすい犬種です。また他の犬への攻撃性もあるため、小さい頃から徹底的な社会化をおこないます。また運動不足になると人の指示に従わない、興奮して走り回る、吠え続けるなどの弊害が出ることがありますので、毎日の運動が欠かせない犬種です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ