特徴

缶詰タアイプのドッグフードです。さまざまなタイプの単一の肉で作られています。食欲のない時やシニア犬、病中病後にも最適な食べきりサイズです。

原産国

日本

主要原材料

それぞれ豚肉、鹿肉、馬肉、鳥ササミ、ポテト、低塩チーズが主要原材料です。

商品ラインナップ

●アニウェル 85g缶シリーズ豚肉のボイル
じっくり煮込んだナチュラルな嗜好メニューで、糖質の代謝を上げるビタミンB1が豊富な豚肉を一口サイズに角切理にした缶詰です。豚肉はアレルギーを引き起こしにくい素材です。
●アニウェル 85g缶シリーズ鹿肉のボイル
程アレルギー、高たんぱく質の鹿肉を用い、消化吸収のよいドッグフードです。
●アニウェル 85g缶シリーズ馬肉のボイル
脂肪が少なく、良質のたんぱく源である馬肉を用いたドッグフードです。
●アニウェル 85g缶シリーズ鹿肉&ポテトのボイル
鹿肉の他にビタミンCが豊富なジャガイモをミックスしました。
●アニウェル 85g缶シリーズラム&ポテトのボイル
低脂肪高たんぱく質のラム肉にビタミンCが豊富なジャガイモをミックスしました。
●アニウェル 85g缶シリーズササミ&低塩チーズ
嗜好性の良いそぼろ状の鳥ササミにカルシウム豊富な低塩チーズをミックスしました。
1缶あたり約250円です。

アニウェルについてまとめ

素材の味そのままのウェットフードです。そのまま与えても、ドライフードにトッピングしても使えます。

アニウェルの評判・口コミ

飼い主口コミ

一度アニウェルをお試しください
前に与えていたドッグフードをあまり食べなくなったので、変わりのものを探していました。
そしてその時に、友達から教えてもらったのがアニウェルです。
アニウェルはお肉が程良く入っており、噛み心地もいいようです。
ちゃんと食べてくれるか心配でしたが、おいしそうに食べるワンちゃんの姿を見て安心しました。
アニウェルはインターネット通販で購入しました。

通販サイトには様々なドッグフードを紹介していましたが、アニウェルの人気が高かったようです。
それだけ多くの方が購入しているものと思います。
値段も手頃なので、この前まとめて購入しました。
ワンちゃんのフードに悩んでいる方は一度アニウェルを試してください。
きっとおいしそうに食べてくれますよ。


飼い主口コミ

知人にアニウェルの話をしました
今まで色々なフードを試してきましたが、どうやらアニウェルが家のワンちゃんに合っているようです。
アニウェルはペット雑誌で見つけました。
ペット雑誌には他の方の体験談などもあり、とても参考になりました。
アニウェルは缶詰タイプなので保存も効くようです。
ワンちゃんが良く食べてくれるので、この前も通販サイトで購入しました。
今は毎日与えています。

また知人で犬を飼っている人がいますので、この前アニウェルの話をしました。
知人は私の話に興味を持ったのか、それからすぐにアニウェルを買ったそうです。
この前知人から連絡があり、良く食べてくれて嬉しいと言っていました。
私はその話を聞いてとても安心しました。
家のワンちゃんも毎日おいしそうに食べていますよ。


飼い主口コミ

アニウェルを食べてくれてホッとしました
ワンコのためにドッグフードを探していました。
そしてインターネット検索で調べたところ、あるものが見つかりました。
それが「アニウェル」です。
アニウェルには色々な種類がありますが、私はササミ&角切チーズを選びました。
家のワンちゃんはササミが好きだったのがその理由です。
しかし実際に与えるまで食べてくれるか不安でした。
それから1週間ほどで商品が届きました。

その日にワンちゃんに与えてみましたが、私の不安をよそにきれいに食べてくれました。
それを見てとても嬉しくなりましたが、半分ホッとした気持ちもありました。
アニウェルは缶詰タイプなので、この前セットで購入しました。
これならしばらくは持つかと思います。
みなさんのところのワンちゃんにもどうでしょうか?

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ