特徴

アイムスは最高品質のペットフードを提供したいと考えたポール・F・アイムス氏により、1946年に設立された会社です。犬や猫が肉食動物であることを初めて認識し最先端の栄養科学に基づいて作られているドッグフードです。

原産国

アメリカ/オランダ

主要原材料

チキンあるいはラムが主原料です。

商品ラインナップ

●子犬用
12ヶ月までの子犬用チキン小粒と12ヶ月までの小型犬用チキン小粒があります。
●成犬用
成犬用健康維持用チキン小粒、成犬用健康維持用ラムA&ライス小粒、成犬用体重管理用チキン小粒、成犬用体重管理用チキン中粒、成犬用体重管理用ラムA&ライス小粒、成犬用小型犬用チキン小粒があります。
●シニア用
7歳上の健康サポートチキン小粒、7歳以上の健康サポートチキン中粒、ラム&ライス小粒、7歳以上小型犬用チキン小粒で、11歳以上毎日のケアチキン小粒があります。
1kgあたり約500円です。

アイムスについてまとめ

ペットフードを通じて、犬の健康維持に貢献する目的で作られたペットフードです。免疫・筋肉などの増強をはじめ、ドライフードの形状などにも工夫を加え、歯垢や歯石のつきにくいペットフードや適切な体重管理を行えるようなペットフードなど、目的別にさまざまなラインナップです。製造から出荷される全てのパッケージに対しては、120項目以上の品質保証テストを行っており、安心して与えることができるペットフードです。

アイムスの評判・口コミ

飼い主口コミ

アイムスのペットフードはネット通販で購入できます
我が家では犬と猫をそれぞれ1匹ずつ飼っていますが、つい最近エサをアイムスに変えました。
他のエサを残すようになったからです。
味に飽きたのかもしれませんが、飼い主にとって一番気になるのが動物の体です。
アイムスはドックフード、キャットフードが揃っていますのでまとめて購入できます。
この前も追加で購入しました。

他のメーカーのエサをアイムスに変えてからは、ワンちゃん、猫ちゃんそれぞれ飽きることなく食べてくれています。
またアイムスのペットフードであれば、ネット通販で簡単に買えるのが便利です。
ネット通販ですので、24時間いつでも好きな時に購入できます。
ドックフード、キャットフード値段もリーズナブルですので、みなさんにもぜひおすすめしたいです。


飼い主口コミ

アイムスに変えて良かったです
ペットにいいフードはないかと、ネット検索をしていました。
その時に見つかったのが「アイムス」のホームページです。
ホームページには、「栄養価が高く、ペットの健康をサポートするドッグフード」と宣伝されていました。
これなら家のワンコにもいいと思い、試しに購入してみました。
前のドックフードが少し残っていたので、新しいものと混ぜて与えてみました。
きちんと食べてくれるか心配でしたが、最後まで残さずきれいに食べてくれました。
その姿を見てとても嬉しくなりました。

それからは新しく購入した、アイムスのドッグフードを与えています。
新しいドックフードには、ワンちゃんの体にいい栄養分がたくさん入っているので健康面でも安心です。
アイムスに変えて良かったです。


飼い主口コミ

アイムスはドックフード独特のニオイがありません
家には3歳の雄の犬がいますが、最近ドッグフードを変えました。
前のフードは体に合わないのか、よく下痢をすることがありました。
しかしアイムスのドックフードに変えてからは、体調が良くなってきたように思えます。
下痢もなくなり、散歩の時もよく走り回るようになりました。

アイムスのペットフードには様々な味がありますが、私はチキン味を与えています。
他の味もありましたが、口コミなどでもチキン味が食べやすいなど、評判が良かったので決めました。
他のフードはドッグフードのニオイがありますが、アイムスの製品はドックフードの独特のニオイがありません。
そのためどのような犬でも大丈夫だと思います。
ドッグフードの選択に悩んでいる方にオススメしたいです。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ